Amazonブラックフライデーおすすめ情報はコチラ!

【2022年最新】Magsafeモバイルバッテリーのおすすめ6選!iPhoneの背面に貼り付けて手軽に充電

【2022年最新】Magsafeモバイルバッテリーのおすすめ6選!iPhoneの背面に貼り付けて手軽に充電

iPhoneの充電はもっぱらMagsafe!どうもアトム(ATOMS_blog)です!

iPhone12シリーズから搭載されたMagsafe機構。

マグネットが搭載されたさまざまなアクセサリーありますが、その中でもMagsafeモバイルバッテリーがとてもお気に入り。

iPhoneの背面にピタッと貼り付けるだけで簡単に充電できるし、ケーブルレスなので充電しながらの操作や電話などが本当に手軽です。

そんな好きが講じて、何個もMagsafeモバイルバッテリーを買ってしまうありさま…笑

Magsafeモバイルバッテリーの数々
そんなにいらないとわかっていても買ってしまう

各社メーカーからさまざまなモバイルバッテリーが販売されており、サイズ感だったり付随した機能だったりが 所々違うんですよね。

そこで本記事では、これまでたくさんのMagsafeモバイルバッテリーを購入してきた中からおすすめを厳選して5つ紹介していきたいと思います。

Magsafe対応のiPhoneを購入したけど、どのモバイルバッテリーを購入すればよいのかわからんという方などはぜひ参考にしてください。

目次

Magsafeモバイルバッテリーの選び方

Magsafeのモバイルバッテリーを購入するにあたり、抑えておきたい選び方のポイントがいくつかあります。

「ただ安いから…」「ただなんとなく…」で決めてしまうと、のちのち後悔することになってしまうので、あなたの使う用途に合わせて選んでいきましょう。

何ワット出力で充電できるか

MagsafeモバイルバッテリーはiPhoneの背面に貼り付けてワイヤレスで充電するので、基本的に優先充電よりも出力は落ち、充電スピードは遅くなります。

現在販売しているMagsafeモバイルバッテリーは5Wか7.5W出力が主流で、正直どちらも充電スピードは微々たる差ではありますが、少しでも早くiPhoneを充電したいなら出力ワット数がなるべく高い物を選ぶのがおすすめ。

しかしMagsafeモバイルバッテリーには大抵有線充電もできるポートが搭載しているので、急速充電にもこだわるのであれば、搭載ポートの出力値も確認してきましょう。

MagsafeモバイルバッテリーでiPhoneを有線充電

iPhoneを急速充電させるなら18W以上の出力値のモノを選ぶのがおすすめです。

バッテリー容量はどれくらいか

モバイルバッテリーであればバッテリー容量も選ぶポイントのひとつです。

現在販売されているMagsafeモバイルバッテリーは5,000mAhか10,000mAhのどちらかが多いのですが、こういった充電機器はデバイスを充電すると充電ロスが出るので、実質搭載されているバッテリー容量すべてをデバイスに送り込むことはできません。

そのため5,000mAhのタイプだとiPhoneをフル充電には微妙に届かないので、フルでしっかりと充電させたいなら10,000mAhのタイプを選ぶべきです。

しかしその分モバイルバッテリー自体のサイズ感が大きくなったり、値段も高くなったりするのでどこを優先して購入するかがポイントになります。

オプション機能はついているか

Magsafeモバイルバッテリーには充電機能の他にスタンドやリングなどのちょっとした機能が備わっている物もあります。

Magsafeモバイルバッテリーのスマホスタンド
動画視聴などに役立つ

ただ充電するだけでも便利な上に、充電しながら動画視聴をしたり、片手で操作したりするときにも便利なんてめちゃめちゃ使い勝手良いですよね。

充電しながらでもiPhoneを使ってなにか操作することが多い方は、こういった機能が備わったMagsafeモバイルバッテリーを選んで置くのがおすすめです。

Magsafeモバイルバッテリーのメリット

ここではさまざまなMagsafeモバイルバッテリーを使ってきて感じたメリットを解説していきます。

ケーブルレスで手軽に充電できる

Magsafeモバイルバッテリーの最大のメリットと言えるのはまさにこれ。充電が「超手軽」にできるということ。

Magsafeモバイルバッテリーを貼り付け
背面に貼り付けるだけ

コンセントを探さなくていいし、充電ケーブルを取り出さなくてもいい。

あの煩わしいケーブルがなくワイヤレスで充電できるだけで「こんなに快適なんだあ」と気づかせてくれました。

充電しながらの操作もらくらくだし、そのままポケットに入れて持ち運びもできて何よりポケットからだらしなく充電ケーブルが飛び出すこともない!

Magsafeモバイルバッテリーで充電しながらポケットに入れる

iPhoneをよくイジる人には最高だよね!

有線で急速充電もできる

Magsafeモバイルバッテリーは快適性に優れたモノであって、充電スピードに関しては有線充電には到底及びません。

しかしタイミングによっては快適性よりもスピード重視で充電がしたいときもあるはず。

そんなときはMagsafeモバイルバッテリーでも有線充電で急速充電することができるんです。

Magsafeモバイルバッテリーで有線充電
20W出力で急速充電

充電出力は製品によって異なりますが、18〜20W出力でiPhoneを急速充電できるタイプも多くあります。

それだけの出力値であれば、だいたい30分で50%ほどは回復するので、「急いでiPhoneを充電したい…!」というときも充分なスピードで充電できるでしょう。

iPhone以外の機器も充電できる

MagsafeモバイルバッテリーはiPhoneに特化したモバイルバッテリーだと思われがちですが、あくまでも「マグネットを搭載したモバイルバッテリー」なだけなので、ワイヤレス充電に対応した機器であればイヤホンでも別のスマホでも普通に充電ができます

MagsafeモバイルバッテリーでAir Pods充電
Air Podsも充電

ただ磁石で貼り付けられないと言うだけで、よくあるワイヤレス充電器のような使い方ができるわけですね。

Magsafeモバイルバッテリーのデメリット

Magsafeモバイルバッテリーはとても快適ですが、知っておくべきデメリットもあります。

Magsafeモバイルバッテリーのデメリット

充電スピードが遅い

個人的に1番のデメリットは充電スピードが遅いこと。

製品により出力値は異なりますが、5W出力のモバイルバッテリーだと1時間充電しても30%も回復していないですからね。

ガンガンiPhone使っていたら充電よりも電池が減っていくほうが早いかも…

あくまでもMagsafeモバイルバッテリーは充電スピードを重視した製品ではないので、とにかくiPhoneは急速充電したいという人は向きません。

そういう方は確実に有線のモバイルバッテリーを選んだほうが幸せになりますよ。

iPhone用の有線モバイルバッテリーなら「CIO SMARTCOBY DUO」がおすすめです。

バッテリー容量が少ないものが多い

Magsafeモバイルバッテリーはバッテリー容量が少なめなモノが多いです。

有線のモバイルバッテリーであれば20,000mAhや30,000mAhと大容量のモノも多く販売していますが、Magsafeモバイルバッテリーはほとんどが5,000mAh。多くても10,000mAhですね。

5,000mAhだと充電ロスもあるのでiPhoneを満充電できるものが殆どありません。

なので1日数回iPhoneを充電したりだとか、iPhone以外にもデバイスを充電したいという方も有線の大容量モバイルバッテリーが良いでしょう。

Magsafeモバイルバッテリーのおすすめ5選

それでは実際に僕が使用してきたMagsafeモバイルバッテリーの中から、おすすめのアイテムを6つ紹介していきます。

選んだ基準としましては、「サイズ感」「容量」「出力」「その他オプション機能」など全体的な使い心地の良さで決定しています。

下記におすすめのMagsafeモバイルバッテリーをまとめた表を作成しておきましたので、気になるアイテム名をタップすると該当アイテムの詳細までジャンプします。

スクロールできます


CIO-MB20W-5000-MAS
PowerGrip Mag
Anker 633 Magnetic Battery
633 Magnetic Battery

PPCXW10-C
HyperJuice Magsafe



PowerCore Magnetic5000


ブランドCIOiWALKAnkerBaseusHyperAnker
サイズ(縦✕横✕厚)9.4×6.3×1.65センチ10.5×6.5×2センチ(リング含)6.5×10.5×1.8センチ14×7×1.6センチ9.6×6.4×1.4センチ6×9×1.5センチ
重量151g159g217g230g136g133g
バッテリー容量5000mAh6000mAh10000mAh10000mAh5000mAh5000Ah
ワイヤレス出力7.5W出力7.5W出力7.5W出力7.5W出力7.5W出力5W出力
USB出力USB-C:最大20WUSB-C:最大18WUSB-C:最大20W
USB-A:最大18W
USB-C:最大20W
USB-A:最大18W
USB-C:最大12WUSB-C:最大10W
パススルー充電対応対応対応対応対応対応
その他特徴Apple Watchも充電可能
スマホスタンド付
スマホリング付スタンド付なしなしなし
価格約5,478円約3,980円約7,990円約4,599円約4,380円約5,390円
購入する購入する購入する購入する購入する購入する
各製品の比較

1位:CIO ワイヤレスハイブリッドモバイルバッテリー

Magsafeモバイルバッテリーの中でナンバー1に選んだのは、CIOが販売する「ワイヤレスハイブリッドモバイルバッテリー」です。

CIO ワイヤレスハイブリッドモバイルバッテリー
サイズ(縦✕横幅✕厚)9.4×6.3×1.65センチ
重量151g
バッテリー容量5000mAh
ワイヤレス出力7.5W出力
USB出力USB-C:最大20W
パススルー充電対応
その他特徴Apple Watchも充電可能
スマホスタンド付
価格約5,478円
スペック

サイズ感もコンパクトでワイヤレス充電も使いやすく取り回しもしやすい。

そして有線充電はなんと最大20W対応とiPhoneを急速で充電できる出力にも対応。

CIOワイヤレスハイブリッドモバイルバッテリーで有線充電
20W出力で充電中

その他ではスマホスタンドも搭載はもちろん、更にはなんとApple Watchも充電できるんです。

CIOワイヤレスハイブリッドモバイルバッテリーでApple Watch充電
ウォッチの充電もできてすごい!

iPhone✕Apple Watchの組み合わせで使っているユーザーってとても多いと思うんですが、便利な半面iPhone用とApple Watch用でそれぞれ充電器やモバイルバッテリーを持ち歩かなくちゃいけなかったのがネックだったんですよね。

それがCIO ワイヤレスハイブリッドモバイルバッテリー1台で両方とも充電できてしまうのはマジで俺的神商品

CIO ワイヤレスハイブリッドモバイルバッテリー
1台で2役

発売されてから結構経っていますが、いまだに現役で毎日持ち歩いています。

Apple Watchユーザーはこれ一択と言ってもいいぐらい。

メリットデメリット
サイズがコンパクトで使いやすい
Apple Watchも充電できる

スマホスタンドも搭載

有線充電が20W出力
バッテリー容量が5000mAhと少なめ
指紋が着きやすい素材感
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

2位:iWALK PowerGrip Mag

次に買って良かったと思うおすすめのMagsafeモバイルバッテリーは「iWALK PowerGrip Mag

iWALK PowerGrip Mag
サイズ(縦✕横幅✕厚)10.5×6.5×2センチ(リング含)
重量159g
バッテリー容量6000mAh
ワイヤレス出力7.5W出力
USB出力USB-C:最大18W
パススルー充電対応
その他特徴スマホスタンド付
価格約3,980円
スペック

出回っているMagsafeモバイルバッテリーの多くは5000mAhの物が多い中、6000mAhと少しだけ多いもののスペック的にはよくあるスペック。

そんな中どこが気に入ったかと言うと、スマホリングが搭載されているということ。

iWALK PowerGrip Magのスマホリング

スタンド機能が多い中、リング付きは僕が知っている限りiWALK製品のみ。

Magsafeモバイルバッテリーはコンパクトなモノが多いので、iPhoneの背面に貼り付けても操作はしやすいんですが、やっぱりリングを付けての片手操作は抜群に安定感がある!

iWALK PowerGrip Magのスマホリング
操作しやすい!

充電しながらよくiPhoneを操作するって方には最適な機能ですよね。

そしてさらにこのiWALK PowerGrip Magには特徴があり、付属のマグネットステッカーを使うことでMagsafeを搭載していないiPhoneをMagsafe化にすることができるんです。

iWALK PowerGrip Magに付属のマグネットステッカー
iWALK PowerGrip MagとiPhone8

こいつのおかげで仕事用のiPhone8をMagsafe化に!

iWALK PowerGrip Mag

きちんと背面に張り付いてしっかり充電ができています。

1度Magsafe充電を味わってしまうと有線充電が億劫になってしまうので、手軽にMagsafe化できるのはめっちゃ嬉しい。

おすすめのMagsafeモバイルバッテリーを探してこの記事を見た方のほとんどは、きっとMagsafeに対応したiPhoneを持っているとは思うのですが、僕と同じ用に2台持ちで片方古めのiPhoneをお持ちの方に良いですね。(ワイヤレス充電に対応したのはiPhone8以降なので注意)

メリットデメリット
6000mAh
スマホリング搭載
古いiPhoneもMagsafe化できる
バッテリー容量が数値でわかりやすい
値段が安い
背面に粘着テープが付いていてゴミが付きやすい
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

3位:Anker 633 Magnetic Battery

大容量のMagsafeモバイルバッテリーが欲しいという方はAnker 633 Magnetic Batteryがおすすめ。

Anker 633 Magnetic Battery
サイズ(縦✕横幅✕厚)6.5×10.5×1.8センチ
重量217g
バッテリー容量10000mAh
ワイヤレス出力7.5W出力
USB出力USB-C:最大20W
USB-A:最大18W
パススルー充電対応
その他特徴スマホスタンド付
価格約7,990円
スペック

充電ロスがあるため5000mAhだとiPhoneをフル充電することが難しい中、Anker 633 Magnetic Batteryであれば10000mAhの大容量なのでiPhoneを2回弱充電することができます。

ただその分サイズ感がやや大きくて、iPhone 13 Proにケースを付けずに裸で取り付けると少しはみ出てしまいます。

Anker 633 Magnetic Battery
はみ出てる…

でもケースをつければピッタリ。iPhoneを裸で使っていくことはまずないので、個人的にはここはそこまで気にならないポイントですね。

搭載ポートがタイプCとAで2つあるので、複数デバイスをよく充電する人にも良いですね。

Anker 633 Magnetic Batteryで有線充電

更に地味に嬉しいのが、本体を充電するUSB-CポートがiPhoneに貼り付けたときに下側になるモノばかりだったのに比べ、横になるので、本体とiPhoneを充電しながらでもスマホスタンドを使えるということです。

パススルー充電に対応しているので、動画を見ながら充電していればiPhoneもモバイルバッテリーも両方とも同時に充電ができるという活用方法が使えます。

メリットデメリット
10000mAhの大容量
スマホスタンド付き
ポートが脇に搭載
有線充電が20W出力
デカくて重い

4位:Baseusu マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリー

Baseusu マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリー」も10000mAhの大容量モバイルバッテリーです。

Baseusu マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリー
サイズ(縦✕横幅✕厚)14×7×1.6センチ
重量230g
バッテリー容量10000mAh
ワイヤレス出力7.5W出力
USB出力USB-C:最大20W
USB-A:最大18W
パススルー充電対応
その他特徴なし
価格約4,599円
スペック

大容量にも関わらず値段は5,000円以下とまずまずリーズナブルなのですが、大きいのは容量だけではなく本体サイズもビッグ。

Baseusu マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーとiPhone12 Pro
iPhone 12 Proとほぼ同サイズ

上の写真はiPhone 12 Proと並べて撮影したものですが、見て分かる通りほぼ同サイズ。

充電するとiPhoneを2枚並べて持っているような感じに。

Baseusu マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーでiPhoneを充電中

iPhoneとの組み合わせで使うと重さが433gにもなるので、充電中もiPhoneをガツガツ使いたい僕にとっては結構残念な問題なんですよね。これは負担になります。

iPhoneとBaseusu マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリー
充電しながら計測した結果

容量だけではなく、有線充電も20W出力で値段も比較的安めと良いところも多いんですが、このサイズ感と重さが僕にとっては選ぶ要素の重要部分だったので4位となりました。

メリットデメリット
10,000mAhの大容量
搭載ポートが2つ

バッテリー残量がデジタル表示でわかりやすい
価格が安い
デカくて重い

磁力が弱い
7.5W出力の割に充電がめっちゃ遅い
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

5位:Hyper Juice マグネットワイヤレスモバイルバッテリー

次に紹介するのが「Hyper Juice マグネットワイヤレスモバイルバッテリー

Hyper Juice マグネットワイヤレスモバイルバッテリー
サイズ(縦✕横幅✕厚)9.6×6.4×1.4センチ
重量136g
バッテリー容量5000mAh
ワイヤレス出力7.5W出力
USB出力USB-C:最大12W
パススルー充電対応
その他特徴なし
価格約4,380円
スペック

このモデルはMagsafeが搭載したiPhone12シリーズが発売された頃に発売された、Magsafeモバイルバッテリーの中でも初期のアイテム。

そのため現在発売されているMagsafeモバイルバッテリーのスペックと比べてしまうと、これを選ぶポイントが正直ないかなーと言ったところ。

多少金額は上がるが、今回紹介しているランキングの上位のモデルを選ぶほうが快適に使えると思います。

ワイヤレス出力は7.5Wだが、有線出力は低くスタンド機能などの搭載されていないので、Magsafeモバイルバッテリーを性能よりも少しでも安く買いたいという方向けのモデルです。

メリットデメリット
価格が安い

7.5W出力
有線出力が12Wと弱い
スタンドやリングなどの機能もない
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

6位:Anker PowerCore Magnetic5000

最後に紹介するのがAnkerの「PowerCore Magnetic5000」です。

Anker PowerCore Magnetic5000
サイズ(縦✕横幅✕厚)9×6×1.5センチ
重量133g
バッテリー容量5000mAh
ワイヤレス出力5W出力
USB出力USB-C:最大10W
パススルー充電対応
その他特徴なし
価格約5,390円
スペック

こちらも先程のHyper製品同様、iPhoneがMagsafeに対応してすぐに発売されたモデル。

Ankerが初期に発売したMagsafeモバイルバッテリーなので、スペック表を見てもわかる通り、今となってはそこまで優れた性能はありません。

ここまで紹介したモデルの中で1番小さくて軽いので、とにかくコンパクトなMagsafeモバイルバッテリーを探している人以外は、同じAnker製品であれば前半で紹介した「Anker 633 Magnetic Battery」のほうが高性能でおすすめです。

メリットデメリット
小さくて軽い
ワイヤレスも有線も出力値が低い

突出した性能が特にない

Magsafeモバイルバッテリーのおすすめまとめ

Magsafeモバイルバッテリーは充電しながらiPhoneを操作したり、持ち運びしたりするのに適した快適性に特化したモバイルバッテリーです。

Magsafeモバイルバッテリーはこんな人におすすめ
  • 軽くてコンパクトなモバイルバッテリーが欲しい
  • マグネットで貼り付けて快適性を重視した充電環境が欲しい
  • 充電しながらでもiPhoneを操作したい
  • 時には急速充電もしたい

数々のMagsafeモバイルバッテリーが発売されており、モデルによって付随した性能なども異なってくるので、あなたのライフスタイルに適したモノをお選びください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次