\ 最大10%ポイントアップ! /

iPhone×Apple Watchを充電できる「CIO ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー」をレビュー【MB20W-5000-MAS】

当ページのリンクには広告が含まれています。

どうも万年iPhoneユーザーのアトム(ATOMS_blog)です。

iPhoneユーザーの中でも、併用してApple Watchを使っている方も多いハズ。

そう言う僕ももれなく愛用していて、両デバイスをペリングした後の連動具合はさすがApple!と言わんばかりの便利さ。

毎日愛用している両デバイスの便利さから、充電を切らさないようiPhone用やApple Watch用のモバイルバッテリーをそれぞれ持ち歩いています。

Apple Watchの充電は専用の機器でないと充電できないので、これがiPhoneと同じモバイルバッテリーで充電できたら最高なんだけどなー。

iPhone×Apple Watchユーザーであればこの充電の煩わしさを痛感している人も多いと思いますが、キタコレ。

ついにiPhoneもApple WatchもおまけにAir Podsも充電できるMafsafeモバイルバッテリーがCIOから出てきたんですよ。

それが「CIOハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー【MB20W-5000-MAS】」です。

CIO-MB20W-5000-MASはマグネットが搭載されているのでiPhoneのMagsafe機構を利用して背面に貼り付けて充電が可能、そしてApple Watchも置くだけですぐに充電することができるんです。

更にはiPhoneを急速充電したいときは有線接続での充電もできるので、有線でもワイヤレスでも状況に応じて充電環境を変化させることができます。

CIO ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー【MB20W-5000-MAS】
総合評価
( 4 )
メリット
  •  iPhoneをマグネットで貼り付けて充電可能
  • Apple Watchも充電可能
  • 有線接続では20Wの急速充電
  • スタンド機能も搭載
  • パススルー充電に対応
デメリット
  • バッテリー容量が5,000mAhで少ない
  • スタンド機能が弱々しい
  • Magsafe対応の15W充電ではない

購入はこちら

目次

CIOハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー【MB20W-5000-MAS】の製品スペックレビュー

まずは、CIO-MB20W-5000-MASの製品情報を紹介していきます。

CIO-MB20W-5000-MASの外箱
スクロールできます
モデル名CIO-MB20W-5000-MAS
ブランドCIO
サイズ(縦×横×厚さ)9.4×6.3×1.65センチ
重量151g
タイプモバイルバッテリー
搭載ポートUSB-C×1
ワイヤレス充電
USB-C出力最大出力20W
ワイヤレス充電最大出力7.5W(Apple Watchは2.5W)
パススルー充電対応
バッテリー容量5000mAh
カラー展開ブラック|ホワイト
スペック表

価格帯と購入先

CIO-MB20W-5000-MASは約5,478円(税込)で販売され、購入先は「Amazon」「楽天市場」「ヤフーショッピング」などの大手ECサイトにて購入ができます。(下記の各ボタンから詳細ページに飛べます。)

外観デザインや付属品

CIO-MB20W-5000-MASはブラックとホワイトのカラー展開で販売されており、今回ご紹介するのはブラックのタイプ。

セット内容は本体とタイプC to Cの充電ケーブルです。

CIO-MB20W-5000-MASの付属品
セット内容

中心部分にはCIOロゴが彫られており、下部にはスタンド。背面にはApple Watchの充電部分があります。

CIO-MB20W-5000-MASの背面
丸い部分でApple Watchを充電

充電ポートはタイプCが搭載されており、こちらから有線接続でiPhoneやAir Podsなどのデバイスの充電ができます。

CIO-MB20W-5000-MASの充電ポート

タイプCポートの右側にあるボタンを押すと、左側にあるインジケーターが反応し、LEDの数に応じてバッテリー残量を把握することができるんです。

バッテリー残量
  • LED ●:残量0〜25%
  • LED ●●:残量26〜50%
  • LED ●●●:残量51〜75%
  • LED ●●●●:残量76〜100%

サイズ感や重量

CIO-MB20W-5000-MASはとてもコンパクトなモバイルバッテリー。

CIO-MB20W-5000-MASとiPhone

サイズは縦9.4×横幅6.3×厚みが1.65センチで、ちょうどiPhoneの背面カメラしたに貼り付けるのにちょうどいいサイズ感です。

重量は151gでそこまで重量感はありません。

CIO-MB20W-5000-MASは151g

iPhoneに貼り付けて持ち歩いてもそこまで苦ではないかなーと個人的には感じました。

CIO-MB20W-5000-MASでiPhoneを充電しながらポケットに収納
ポケット収納も!

ハーフパンツのポケットにも充分収納できるコンパクトなサイズ感が嬉しい!

CIOハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー【MB20W-5000-MAS】の特徴

CIO-MB20W-5000-MASはiPhone・Apple Watchユーザーに最適なモバイルバッテリーです。

CIOハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー【MB20W-5000-MAS】の特徴

iPhoneをMagsafe&有線接続で充電できる

CIO-MB20W-5000-MASはiPhoneのMagsafe機構を利用してマグネットで背面に貼り付けて充電ができます。

CIO-MB20W-5000-MASをiPhoneに貼り付け
貼り付けるだけで充電できる

マグネットも強力なので使っていてもよっぽどのことがない限りは外れる心配もないはず。

CIO-MB20W-5000-MASをMagsafeで充電
カメラにも被らない!

ワイヤレスでは7.5W出力で充電されるのでそこまで急速充電ではありません。そのため急速充電したいのであれば、搭載しているタイプCポートから有線接続し最大20Wの急速充電も可能です。

CIO-MB20W-5000-MASでiPhoneを有線充電
20Wで充電中!
CIO-MB20W-5000-MASのiPhone充電出力
  • ワイヤレス充電:7.5W
  • 有線充電:20W

Magsafeに対応しているiPhoneのモデルは?

CIO-MB20W-5000-MASをiPhoneの背面に貼り付けることができるのは、Magsafe機構が搭載されているiPhoneのみとなります。

Magsafeが搭載されているiPhone
  • iPhone12シリーズ
  • iPhone13シリーズ

Apple Watchも乗せるだけで充電可能

CIO-MB20W-5000-MASの最大の特徴はApple Watchも充電できるということ。

CIO-MB20W-5000-MASでApple Watchを充電
乗せるだけで充電

丸い円盤部分にApple Watchを乗せるだけで簡単に充電できます。

CIO-MB20W-5000-MASのApple Watch充電

充電出力は2.5Wと純正の充電器に比べて弱い部分もありますが、ただこの充電がしやすい手軽さがとても便利で使いやすいモデルです。

スタンド機能も搭載

CIO-MB20W-5000-MASの背面には簡易ではありますが、スタンドが搭載されています。

CIO-MB20W-5000-MASのスタンド
簡易スタンド

縦向きでも横向きでも使えるので、動画視聴だったり仕事中にちょっとしたメモを見ながら作業したりできるのが結構便利な機能なんですよね。

CIO-MB20W-5000-MASのスタンド
CIO-MB20W-5000-MASのスタンド

横向きであればCIO-MB20W-5000-MAS本体に有線で充電しながらスタンド機能も使えるので、動画視聴でバッテリー切れのシンパにもなく充電器代わりとしても使いながらの使用もできるのが嬉しい。

CIOハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー【MB20W-5000-MAS】のメリット(よかったところ)

CIO-MB20W-5000-MASを実際に使って感じたメリットや使ってよかった点を紹介していきます。

Apple製品3種持ちのユーザーに神商品

Apple製品の3種の神器と言えば、「iPhone」「Apple Watch」「Air Pods」

iPhoneやApple Watchをお持ちの方の中には、Air Podsを持っている方も非常に多いと思いますが、このCIO-MB20W-5000-MASはiPhoneやApple Watchだけではなく、Air Podsも通常の充電器のようにワイヤレスで充電できます。

僕もこの3アイテムは毎日必ず持ち歩き愛用しているのですが、CIO-MB20W-5000-MAS1台ですべてを充電できるのはかなり荷物も減らせて便利に使えます。

CIO-MB20W-5000-MAS
Appleユーザーの強い味方!

しかもすべてワイヤレスで充電できますからね。快適過ぎる!

容量的にすべてのデバイスを満充電できるわけではありませんが、結構毎日どれかしらのデバイスの充電が切れてしまったーということはおこるので、1台持ち歩いてのはサイズも小さいですしおすすめです。

コンパクトなので充電にしたまま操作や電話が可能

Magsafe充電に対応しているのでiPhoneの背面に貼り付けて充電できるのが便利なんですが、サイズ自体が大きくて思いと操作がしづらいのがネック。

しかしCIO-MB20W-5000-MAS自体はとてもサイズ感がコンパクトで重さも底まで重くないので、片手操作や通常通りに電話をしたりもできます。

CIO-MB20W-5000-MASを付けたまま電話

モバイルバッテリーの重要さは容量や充電スピードの他に、取り回しのしやすさも個人的には大事だと思っているので、そういった面でもCIO-MB20W-5000-MASはモバイルバッテリーとしてもとても使いやすいですね。

本体をわずか1時間で満充電できる

メリットのひとつとしてCIO-MB20W-5000-MAS本体への充電自体がわずか1時間ほどで満充電されるということ。

CIO-MB20W-5000-MASを充電中

なので、万が一充電し忘れてしまったときもすぐに充電しておけるので、出かける前などにサクッと準備しておけますからね。

ただ、ひとつ注意点としては、CIO-MB20W-5000-MAS自体には充電ケーブルは付属されていますが、電源アダプタは充電されていないので用意する必要があります。

最大18Wでの入力ができるので、1時間ほどの短い時間で本体を満充電させたいのであれば下記のような18W以上で充電できるアダプタを用意しましょう。

CIOハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー【MB20W-5000-MAS】のデメリット(残念なところ)

快適で使いやすいですが、使ってみてここは少し残念だったなと感じた部分も少なからずあったので、CIO-MB20W-5000-MASのデメリット・残念な部分もお伝えしていきます。

バッテリー容量は少ない

搭載されているバッテリー容量は5,000mAh。

ただ規格上デバイスに充電されるのは5,000mAh丸々すべてではないので、iPhoneを充電してもProやminiなどのモデルに関係なく満充電されることはありません。

欲を言えばスマホ1回分ぐらいは満充電できる容量が欲しかったかな…

容量が少ない分コンパクトな設計で扱いやすいメリットはありますが、毎日外出先で何台もデバイスを充電する!という方にはあまり向いてない仕様のですね。

スタンドが弱々しい

引っ張り上げるだけで簡単にスタンド機能が使えるのですが、ここが力を入れたりすると割と簡単にポキっと折れてしまいそうで怖いです。

CIO-MB20W-5000-MASのスタンド機能

ただしばらく使っていますが普通に使っている分には問題ないので、スタンド機能を使う際には気をつけましょう。

Magsafe充電対応の15W充電ではない

Magsafeを利用した充電は最大15Wまで受け付けています。

このCIO-MB20W-5000-MASもMagsafe機構のマグネットを利用しての充電ではありますが、あくまでも充電できる出力は7.5Wでの充電になります。

CIO-MB20W-5000-MASは7.5W出力

Apple純正の15W対応のMagsafe充電器使っている方だと、CIO-MB20W-5000-MASで充電した際に充電時間がとても遅く感じるはずです。

あくまでもMagsafeの機能を利用したマグネット製のモバイルバッテリーなので、充電スピードに関しては遅いと思っていたほうが良いですね。

いま現状15Wで充電できるMagsafeのモバイルバッテリーはどこのメーカーも発売されていないよ!

CIO-MB20W-5000-MASとAnkerを比較

CIO-MB20W-5000-MASと同様のMagsafe機構を利用したモバイルバッテリーは他メーカーからも販売されているので、購入を迷われている方も多いハズ。

そこで人気メーカーであるAnkerの「PowerCore Magnetic 5000」と比較してみました。

スクロールできます

MB20W-5000-MAS

 PowerCore Magnetic 5000 
ブランドCIOAnker
サイズ(縦×横×厚)9.4×6.3×1.65センチ9×6×1.5センチ
重量151g133g
容量5,000mAh5,000mAh
ワイヤレス充電出力7.5W5W
Apple Watch充電
有線充電出力20W10W
パススルー充電
購入する購入する
各製品の比較

2つとも5,000mAhでMagsafe機構を利用したマグネット式モバイルバッテリーではありますが、CIO-MB20W-5000-MASのほうがワイヤレス充電が7.5Wだったり有線充電も20Wと高出力。おまけにApple Watchも充電できると来たらスペック的にはやや高めです。

CIO-MB20W-5000-MASと
 PowerCore Magnetic 5000 を比較

しかし、Anker  PowerCore Magnetic 5000 はその代わりにサイズ感や重さがコンパクトになっているというメリットもあります。

ただぶっちゃけ両方使ってみてもそこまでサイズに違いは感じられなかったですけどね。

なのでほとんどの方、特にApple Watchを持っているよという方はCIO-MB20W-5000-MASが。

とにかく少しでもサイズ感を小さくしたいという方はAnker PowerCore Magnetic 5000 が理想です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

CIOハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー【MB20W-5000-MAS】はこんな人におすすめ

CIO-MB20W-5000-MASはこんな人におすすめのモバイルバッテリーです。

こんな人におすすめ
  • Magsafe対応のiPhoneやApple Watchを持っている
  • とにかくワイヤレスでデバイスを充電したい
  • Air Podsも充電したい

とにかくiPhone 12シリーズ以降とApple Watchの組み合わせを愛用されてる方はめっちゃおすすめだよと言いたい。

CIO-MB20W-5000-MASがおすすめじゃない人への代替品

一方でCIO-MB20W-5000-MASはちょっと合わないかも…という方に、変わりの代替品をご紹介しますので、当てはまる理由があればそれに該当した製品をチェックしてみるのも良いと思います。

おすすめできない人

CIO-MB20W-5000-MASのレビューまとめ

CIO-MB20W-5000-MASはApple3種の神器を充電できる、コンパクトで高性能なモバイルバッテリー。

特にApple Watchユーザーは他に選択の余地がないほど快適です。

CIO-MB20W-5000-MAS

わずらわしい有線充電はもう辞めて、快適なワイヤレス充電で過ごしたいという方はぜひチェックしてみてください。

他にiPhoneの便利なアクセサリーが知りたい方は下記の記事でまとめているのでご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次