iWALK PowerGrip Magレビュー|Magsafeを搭載してないiPhoneでも貼り付けて充電できるモバイルバッテリー

当ページのリンクには広告が含まれています。
iWALK PowerGrip Mag

どうもアトム(ATOMS_blog)です。

最近のiPhoneの充電はMagsafeモバイルバッテリーがほとんど。

充電スピードは遅いけど取り回しが快適すぎて有線には戻れない!

ケーブルがないしサイズも小さいので持ち物も減らせられるし、充電したまま持ち運んだり操作したりするのも楽なんですよね。

そんな便利なMagsafeモバイルバッテリーですが、反面ネックなのが

  • 使えるiPhoneが限られる
  • スマホリングが付けられないので片手操作がしにくい

という部分があります。

Magsafeが搭載されているのはiPhone12シリーズ以降ですし、普段からスマホリングを付けている僕のとってツルッと手を滑らせて落としそうで怖い。。。

しかし、それらのネックな部分を解決できるモバイルバッテリーを見つけて購入したので紹介したいと思います。

それが「iWALK PowerGrip Mag」というモバイルバッテリーです。

iWALK PowerGrip Magは通常のMagsafeモバイルバッテリーでありながら、背面にスマホリングが搭載されており、かつ付属のマグネットシールを使うことでiPhone12シリーズ以前のiPhoneでも背面に貼り付けて充電することが可能なんです。

これで片手操作も楽だし、仕事で使っているiPhone8もMagsafe対応できるぜ!

本記事ではiWALK PowerGrip Magの実機を用いて、本当に古いiPhoneでもMagsafeに対応できるのか?そしてモバイルバッテリーとしての特徴や使い勝手はどうなのかを詳しくレビューしていきます。

iWALK PowerGrip Mag
総合評価
( 4 )
メリット
  •  iPhoneをマグネットで貼り付けて充電可能
  • マグネットシールで古いiPhoneでもMagsafeに対応できる
  • スマホリングが搭載
  • パススルー充電に対応
  • バッテリー残量が細かくわかる
デメリット
  • Magsafe対応の15W充電ではない
  • 背面の粘着部分にホコリが付きやすい

購入はこちら

目次

iWALK PowerGrip Magの製品スペックレビュー

まずは、iWALK PowerGrip Magのスペックを紹介していきましょう。

iWALK PowerGrip Magのパッケージ
モデル名 PowerGrip Mag
ブランドiWALK
サイズ(横幅×縦×厚さ)6.6×10.5×2センチ(リング含む)
重量159g
タイプモバイルバッテリー
搭載ポートUSB-C×1
ワイヤレス充電
USB出力USB-C:最大出力18W
ワイヤレス充電最大出力7.5W
パススルー充電対応
バッテリー容量6,000mAh
カラー展開ブラック|ホワイト|ピンク
スペック表

価格帯と購入先

iWALK PowerGrip Magは約3,980円(税込)で販売され、購入先は「Amazon」「楽天市場」「ヤフーショッピング」などの大手ECサイトにて購入ができます。(下記の各ボタンから詳細ページに飛べます。)

外観デザインや付属品

iWALK PowerGrip Magの外観デザインは付属品をみていきます。

iWALK PowerGrip Magの同梱品
iWALK PowerGrip Magの同梱品
  • iWALK PowerGrip Mag本体
  • タイプC to Aケーブル
  • マグネットステッカー
  • iPhoneの背面用ステッカー
  • マニュアル

今回購入したのはブラックで、マッド素材でサラサラとした質感。

上部には「iWALK」のロゴに真ん中にはスマホリングが搭載し、下部にはバッテリー残量を表示するためのディスプレイがあります。

iWALK PowerGrip Mag

数字が出るので細かくバッテリー残量がすぐに分かるのは嬉しい。

iWALK PowerGrip Magのバッテリー残量表示

背面には丸い円状の充電スポットがあり、iPhoneはもちろんのことここにAir Podsのようなワイヤレス充電を置いても充電が可能です。

そして下側には粘着テープがありマグネットと合わせて粘着テープで貼り付けるタイプです。

iWALK PowerGrip Magの背面

本体下部にはタイプCポート。ここから本体充電もできますし、デバイスに接続すれば有線充電もできます。出力値は最大18WなのでiPhoneなどのスマホレベルなら充分急速充電もできます。

iWALK PowerGrip Magの下部にはタイプCポート

本体へも18W入力となり、約2時間ほどで満充電が可能になっています。

iWALK PowerGrip Magを充電

本体脇には電源スイッチ。iPhoneの背面に貼り付けたあとスイッチを押すことで充電が開始されます。

iWALK PowerGrip Magの電源スイッチ

サイズ感や重量

iWALK PowerGrip Magのサイズは6.6×10.5×2センチ(横幅✕縦✕厚さ)とサイズ的にはコンパクト。

iWALK PowerGrip Magのサイズ感

iPhone 13 Proと並べると大きさがわかりやすいと思います。

iPhone13 ProとiWALK PowerGrip Mag

そして重量は159gとリングが搭載さている割には軽いほうですね。

iWALK PowerGrip Magは159g

iWALK PowerGrip Magの特徴

iWALK PowerGrip MagはMagsafe機構を利用したモバイルバッテリーであり、合わせてスマホリングも搭載されたモバイルバッテリーです。

iWALK PowerGrip Magの特徴

iPhoneをMagsafe&有線接続で充電できる

iWALK PowerGrip MagはiPhoneのMagsafe機構を利用してマグネットで背面に貼り付けて充電ができます。

iWALK PowerGrip MagをiPhoneに貼り付け

iWALK PowerGrip Mag本体を持って持ち上げても外れることはないほどしっかりとした磁力です。

iWALK PowerGrip Magの磁力は強い

タイプCポートから有線でも充電が可能で、最大18W出力なのでiPhoneを急速充電することができます。

ワイヤレス充電では7.5W出力なので充電スピードは遅いため、「急いで充電したい!」という方でも安心して使うことができますよ。

iWALK PowerGrip Magで有線充電
iWALK PowerGrip MagのUSB出力
  • ワイヤレス充電:7.5W(イヤホンなどには5W)
  • 有線充電タイプC:18W

Magsafeに対応しているiPhoneのモデルは?

ちなみにAnker 633 Magnetic BatteryをiPhoneの背面に貼り付けることができるのは、Magsafe機構が搭載されているiPhoneのみとなります。

Magsafeが搭載されているiPhone

スマホリング&スタンド機能も搭載

iWALK PowerGrip MagにはMagsafeモバイルバッテリーには珍しいスマホリングが搭載されています。

iWALK PowerGrip Magのスマホリング
リングが付いてる!

リング自体は360度自由に回転させれるので、お好きな位置に調整ができます。

iWALK PowerGrip Magのスマホリング
iWALK PowerGrip Magのスマホリング

Magsafeモバイルバッテリーを付けたままiPhoneを操作するのは、どうしても付けていないときに比べて安定感がなくなるので、リングがついていれば安定して片手で操作ができます。

iWALK PowerGrip Magのスマホリングで操作

さらにこのスマホリングは自由に位置調整できることから、スマホの簡易スタンドとしての活用ができるんですよ。

iWALK PowerGrip Magのスマホスタンド

結構スマホで動画視聴するからスマホスタンドにもなるのは嬉しい!

iWALK PowerGrip Magのスマホスタンド
動画視聴が捗る

iWALK PowerGrip Magのメリット(よかったところ)

iWALK PowerGrip Magを実際に使って感じたメリットや使ってよかった点を紹介していきます。

Magsafeに対応していないiPhoneでも貼り付けられる

Magsafe機構が搭載されているのはiPhone12シリーズ以降のモデルのみ。

しかしiWALK PowerGrip Magに付属されているマグネットステッカーを使うことで、Magsafe機構が搭載されていないモデルにも貼り付けて充電することができます。

iWALKマグネットステッカー
マグネットのステッカー

仕事で使っているiPhone8をMagsafe化するためにマグネットステッカーをiPhone8に貼ってみました。

iWALK PowerGrip MagをiPhone8に
ステッカーを貼る位置が重要

ステッカーをきちんとした位置に貼らないと充電ができないので注意が必要。

iPhone X・iPhone 11シリーズであれば付属された背面用のステッカーで貼る位置がきちんとわかります。

iWALK PowerGrip Magの背面用ステッカー
丸い円部分に貼る

実際にiWALK PowerGrip MagをiPhone8に貼り付けてみたところ、きちんと充電ができていました。

iWALK PowerGrip MagをiPhone8に
iWALK PowerGrip MagでiPhone8を充電

これでiPhone8もMagsafe化に対応!

試しに他のMagsafeアイテム「MOFTスマホスタンド」を装着してみましたが、問題なく使う事ができています。

iPhone8にMoftスタンド

ワイヤレスでも有線でも充電できる

Magsafeモバイルバッテリーは手軽で快適ですが、すぐに充電させたいときには不向き。

ただiWALK PowerGrip Magはワイヤレス充電の他にUSBタイプCポートを搭載してあり、こちらから急速充電を行うことも可能なんです。

iWALK PowerGrip MagとiPhone
ワイヤレスでも有線でも
  • USB-C:最大18W出力に対応
  • ワイヤレス:最大7.5W出力に対応

これならわざわざMagsafeモバイルバッテリーと有線式のモバイルバッテリーをそれぞれ持ち歩かなくても良いので身軽に出かけることができますよね。

パススルー充電に対応

iWALK PowerGrip Magはパススルー充電にも対応しています。

iWALK PowerGrip Magはパススルー対応

デバイスを充電していても電源アダプタからタイプCに接続することで、iWALK PowerGrip Mag本体にも同時に充電することができる仕様。

デバイスもモバイルバッテリーも同時に充電できるのは時間短縮になりますし、毎日持って出かける方には良い機能ですね。

iWALK PowerGrip Magのデメリット(残念なところ)

iWALK PowerGrip Magを実際に使ってみて「ここが残念」という部分もあったので解説していきます。

粘着部分にホコリがつきやすい

iWALK PowerGrip Magの背面にはマグネットが搭載されていますが、その下部には粘着テープが付いています。

iWALK PowerGrip Magの粘着テープ
iWALK PowerGrip Magの粘着テープ

マグネットと合わせて使うことでより強力に貼ることができるのですが、粘着テープなのでホコリが結構付きやすい。

性能などが悪くなるわけではないのでまあいいっちゃいいですが、やっぱり結構気になるんですよね。

Magsafe充電対応の15W充電ではない

本来Magsafeを利用した充電は最大15Wに対応しています。

しかし販売されているMagsafeモバイルバッテリーは本来のMagsafe充電の15Wに対応しているものはありません。

このiWALK PowerGrip Magも同様で、あくまでもマグネット搭載のモバイルバッテリーなのでワイヤレス充電は7.5W出力になります。

iWALK PowerGrip MagをiPhoneに貼り付け

充電スピードは遅いので時間優先の人には不向きですが、快適性を求める方にはおすすめと言えます。

iWALK PowerGrip Magと合わせて買いたいおすすめアクセサリー

ここではAiWALK PowerGrip Magと合わせて買うと便利なアクセサリーを紹介しています。

【電源アダプタ】CIO NovaPort DUO

まずAnker 633 Magnetic Batteryは電源アダプタは同梱されていないため、本体を充電するなら別途電源アダプタが必要になります。

18W以上で充電すれば2時間ほどで満充電となるので、合わせて購入する方は18W以上がおすすめです。

CIO NovaPort DUO レビュー|最大30W出力のUSB-C×2ポート搭載している超小型充電器

僕がおすすめするのがCIO NovaPort DUOです。

卵よりも小さいサイズ感でありながら、最大30W出力可能のUSB-Cポートを2口搭載。MacBook Airだって充電できちゃいます。

関連 CIO NovaPort DUOのレビュー記事はこちら

【収納ポーチ】TAVARAT ハンドルポーチ

外出時に持ち歩くのであれば、ガジェット類はまとめてガジェットポーチなどに収納して持ち歩くのがバラバラにならずにおすすめ。

僕が最近おすすめしているのが、TAVARATのハンドルポーチ。

TAVARATのハンドルポーチ
小型ポーチ

収納力はそこまで多くないですが、iPhoneに必要な最低限の荷物を収納しておくのにピッタリのサイズ感なんですよね。

そこまで多くのガジェット類を持ち歩かない人はぜひ。動画でも紹介しています。

iWALK PowerGrip Magはこんな人におすすめ

iWALK PowerGrip Magはこんな人におすすめ。

こんな人におすすめ
  • Magsafeに搭載してないiPhoneも貼り付けたい
  • Magsafe搭載のiPhoneを持っている
  • 充電しながら片手操作をしたい人

Magsafeに対応していてもしていなくてもきちんと貼り付けて充電ができるので、ワイヤレス充電に対応したiPhoneをお持ちの方におすすめです。

iWALK PowerGrip Magがおすすめじゃない人への代替品

iWALK PowerGrip Magがちょっと違うな…と感じた人には、代わりの代替品を用途別に紹介していきます。

おすすめできない人

iWALK PowerGrip Magのレビューまとめ

iWALK PowerGrip Magはスマホリングを搭載し、Magsafeに対応していないモデルでも使えるモバイルバッテリー。

iWALK PowerGrip Magレビュー

Magsafeモバイルバッテリーは各社から数多く販売されていますが、Magsafeに対応していないモデルでも使えるのはiWALK製だけではないでしょうか?

「古いiPhoneでも使いたい」「充電しながらスマホリングも使いたい」などそんな方はぜひチェックしてみてください。

他にiPhoneの便利なアクセサリーが知りたい方は下記の記事でまとめているのでご覧ください。

iWALK PowerGrip Mag

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次