iPhone 13 Proレビュー!12 Proからの乗り換えは正解?比較してわかったメリット・デメリットを解説!

ついに今年もiPhoneのニューモデル「iPhone 13シリーズ」が発売になりました。

昨年にiPhone 12 Proを購入したから約1年間使用し、今年もiPhone 13 Proを購入し乗り換えました。

マイナーアップデートと言われているけど、実際のトコロどうなのかを解説するよ!

本記事では「iPhone 13 Proレビュー!12 Proからの乗り換えは正解?比較してわかったメリット・デメリットを解説!」していきます。

「iPhone 13 Proが気になる」「12 Proから乗り換えってあり?」

そんな方はぜひ参考にしてください。

目次

iPhone 13 Proのスペック・12 Proとの違いを解説

世間的にはiPhone13シリーズは12シリーズからのマイナーアップデートと言われていることも多く、実際にどこが進化したのか?

iPhone 13 Proとスペックの違いを比較していきます。

モデルiPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro
iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro
カラー展開グラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルーグラファイト・ゴールド・シルバー・パシフィックブルー
ディスプレイ6.1インチProMotion搭載Super Retina XDR6.1インチ Super Retina XDR
チップA15 BionicチップA14 Bionicチップ
バッテリー持ち最大22時間のビデオ再生最大17時間のビデオ再生
容量128GB
256GB
512GB
1TB
128GB
256GB
512GB
リフレッシュレート120Hz60Hz
カメラ望遠:F2.8
広角:F1.5
超広角:F1.8
3倍の光学ズームイン
最短2cmでのマクロ撮影
望遠:F2.0
広角:F1.6
超広角:F2.4
2倍の光学ズームイン
動画撮影12Proから追加
シネマティックモード(1080p,30fps)
最大4K、30fpsのProRes撮影
手ブレ補正センサーシフト光学式手ブレ補正デュアル光学式手ブレ補正
最大輝度1,000ニト800ニト
SIMデュアルeSIMに対応

主に変更した機能を比較してみました。こうして比較すると大きく変わる主な変更点は以下の通り。

iPhone 13 Proと12 Proの違い
  • カラーバリエーションの変更
  • A14→A15 Bionicチップにアップ
  • バッテリー持ちが向上
  • 120HzのProMotion搭載
  • カメラ性能が変更
  • 動画撮影にシネマティックモードの追加

正直、「こんなにアップデートされたのか!」と目を見張るほどのモノは個人的には感じられませんでした。

しかし、こうして13 Proに乗り換えたのにも理由はあります。

iPhone 12 Proから13 Proに乗り換えた理由

iPhone 13 Pro

iPhone 12 Proを約1年間使用してきた中で特別不満な点はありませんでした。

その中で今回iPhone 13 Proに乗り換えた理由は

  • シネマティックモードの搭載
  • バッテリー性能の向上
  • 12 Proのリセールバリューが高いうちに売りたかった

このような理由です。

機能面などは後ほどレビューしていきますが、単純にバッテリー性能の向上は嬉しいし、僕は子供の動画やYouTube撮影などをよくおこないます。

これまでは一眼レフをわざわざ準備してとやってきましたが、シネマティックモードで良い感じの動画が手軽に撮れるならめちゃめちゃ楽だなーと感じました。

あとは最大の理由と言っても良いのが、iPhone 12 Proのリセールバリューが高いうちに売りたかったという点。

Apple製品はどれもリセールバリューがとても高く、綺麗に使っていれば1年ぐらいであれば全然高く売れます。幸い12 Proを購入してすぐにフィルムやケースを付けて使用してきたので、だいぶ少なく見積もっても購入金額の半値以上では売れるでしょう。

そう考えるとたった差額数万円で最新のモデルに切り替えられるなら買い換えない理由はありません。iPhoneなどのApple製品はそういったサイクルで新しいモデルを買い替えやすいのが嬉しいですよね。

iPhone 13 Proの外観デザインをレビュー

iPhone 13 Proの外箱

毎度のことながらApple製品はパッケージから美しい。

今回購入したカラーは12 Proと同様グラファイト。

iPhone 13 Pro グラファイト

12 Proと比較してもカラーに違いはありません。

iPhone 13 Proと12 Pro
左:12 Pro|右:13 Pro

そして12 Proと同じく角張ったボディに美しいステンレスの鏡面仕上げ。めちゃめちゃかっこいいけど相変わらず指紋が目立ちます。

iPhone 13 Proのステンレススチール

正直iPhoneはこのミニマルな美しいデザイン性なので、裸で使うこそ醍醐味だと感じますが、「落としたら…」と思うと恐ろしくて使えません。

12 Proではずっとケースで使っていたので慣れましたが、改めてこうやって裸で持つと、圧倒的に持ちやすさは裸のままが1番良いです。

iPhone 13 Proを持っている

サイドの電源ボタンや音量ボタンは12 Proと変わってやや下に位置がズレました。個人的にこの位置調整はドンピシャで握ったときの手の位置がぴったりすぎて最高です。

iPhone 13 Proと12 Proのボタン位置
iPhone 13 Proと12 Proのボタン位置

そして今年のiPhone 13シリーズもやっぱりダメだった端子はLightning。僕の勝手な考えではありますが、端子がLightningからタイプCに変わるだけでiPhoneユーザーの半分以上はとても幸せになり、そしてこぞって乗り換えると思うんですけどね。

iPhone 13 ProのLightning端子

しかし12シリーズと同様に背面にはMagSafe機構が搭載されているので、Lightning端子を使わずにワイヤレスで充電できる便利なデバイスも多く販売されているので、12 ProからLightningケーブルはほとんど使わなくなりました。

そのため充電するための端子としてはLightningだろうがタイプCだろうがむしろどっちでも良いのですが、これだけカメラ性にこだわりをもって造られているのであれば、SDカードリーダーや外部SSDに保存できるようタイプCにして拡張性をアップしてほしかった。

そしてもうひとつ外観の変化といえばノッチの縮小化で、約20%が縮小されているので表示領域が多くなったのも印象的です。

iPhone 13 Proと12 Proのノッチ比較
左:iPhone 12 Pro|右:iPhone 13 Pro

逆に大型化されたのが背面にあるトリプルカメラ。レンズの大きさも出っ張り具合も存在感が大きくなりました。

iPhone 13 Proのカメラ

もうスマホに付いているカメラというか、カメラにスマホの機能が搭載されていると言ってもいいぐらいの存在感ですよね。

カメラ出っ張りすぎだろ…!

付属品は充電ケーブル(USB-C to Lightning)とマニュアル。

iPhone 13 Proの付属品

12シリーズから純正の充電器とイヤフォンが付属されなくなりましたが今年も同じく。

これまで付属していた小さい5Wタイプの充電器を使っていて、今回13シリーズを購入するよって方は注意が必要です。

iPhoneを急速充電するためには、必要なケーブルや充電器を知る必要があります。記事にもしていますので参考にどうぞ。

実際に「何を買ったらいいかわからない」という方は下記の動画を参考にしてください。

iPhone 13 Proを使って感じたデメリット・残念な点

発売日に購入してから使っていて感じたiPhone 13 Proのデメリット・残念だなーと思う点がいくつかあったので紹介していきます。

カメラが出っ張りすぎていてガタつく

センサーサイズが大きくなり、よりキレイな写真が撮れるのは嬉しいのですが、その分カメラレンズが大きくなり出っ張り具合も凄いことに。

普通に使う分にはさほど影響がないので良いのですが、デスクなどに置いたまま操作するとガタつきます。

指で画面をわざわざ押さないとそこまでグラつかないけど、やっぱりフラットに使いたいよね

マスク時のFace IDでの解除はいまだにできない

iPhone 13 Proの生体認証はFace IDとなり、以前と変わらずマスクを付けたままの状態だと解除することができません。

iPhone 13 Proの生体認証

マスクを付けて生活するのが当たり前になってしまった現代に合わせて、マスクを付けたままでも解除できるようにアップデートしてほしかったです。それか合わせてTouch IDも搭載してほしかった。

個人的には普段からApple Watchを着けているのでマスクを付けたままでも解除できるのですが、着けずにでかけたときなんかはかなり不便に感じるので、Apple Watchを使っていない方は日常的に使いづらいだろうなあと感じます。

残充電の数値を常時表示してほしかった

地味なことなんですが、ノッチが12シリーズよりも20%縮小されているのであれば、その部分にバッテリーの残量を%表示で常時表示してほしかったです。

iPhone 13 Proのノッチ縮小

電池の表示だけだとめっちゃわかりにくいんだよね

確かiPhone Xあたりから常時表示できる設定がなくなってしまい、確認するにはいちいちスワイプして表示させるしかなくなってしまいました。

iPhone 13 Proのバッテリー残量
いちいち確認するのが面倒

せっかくノッチを小さくしたのだから、その分必要な情報を表示させないと恩恵をあまり感じられません。

せめて設定で表示可能にしてほしい。地味だけど若干不便に感じるポイントでした。

iPhone 13 Proを使って感じたメリット・良かったところ

実際に使ってみて感じた残念な部分をお伝えしてきましたが、そこまで深刻になるほどの物ではなく、基本的には買って良かったなーと感じています。

そこで、「特にここは良かった!」と思えるポイントも紹介していこうと思います。

バッテリー持ちの良さ

今回のiPhone 13 Proは12 Proからバッテリー持ちが5時間アップし、22時間のビデオ再生が可能となりました。

iPhone 13 Pro

地味だけどスマホ社会における現代人としては、このバッテリー持ちの改善は普通に嬉しいです。

実際22時間のビデオ再生ができるかは置いておいて、体感12 Proよりもバッテリー持ちは良くなっているなあと感じます。

それこそ12シリーズ以前のモデルをお使いの方なんかはもちの良さにびっくりすると思いますね。

カメラ性能が素晴らしい

デカイだの出っ張っただの文句を言いつつも、なんだかんだやっぱりiPhoneの目玉はこのカメラ機能と言っても良い。

より大きなセンサーでより明るいレンズを搭載され進化しています。12 Proと比べるとより肉眼に近い表現というか色味で撮ることができています。

iPhone 13 Proで撮影
iPhone 13 Proで撮影
iPhone 12 Proで撮影
iPhone 12 Proで撮影

ナイトモードでも撮影してみたよ!

iPhone 13 Proで撮影
iPhone 13 Proで撮影
iPhone 12 Proで撮影
iPhone 12 Proで撮影

こうして比べてみると、iPhone 13 Proで撮影している写真のほうが若干暗い印象です。より見たまんまというか、自然な感じの写真となっています。

そして12 Proでは2倍の光学ズームだった望遠カメラが13 Proでは3倍の光学ズームになりました。

iPhone 13 Proで撮影
13 Proの3倍の光学ズーム
iPhone 12 Proで撮影
12 Proの2倍の光学ズーム

上の2枚の写真はまったく同じ場所からの撮影となりますが、2倍(54mm)から3倍(77mm)になるとよりズームに撮影できます。

遠くのモノを撮影するときなんかにはとても便利になりましたが、シチュエーションによっては使いづらい場面も。

例えばポートレート撮影などで手持ちの撮影なんかをすると以下のように12 Proに比べてかなり近い画角になってしまいます。

両方とも手をピンと張った状態での写真でこれなので、手持ち撮影だとなかなか厳しい。

iPhone 13 Proで撮影
13 Proの3倍光学で撮影
iPhone 12 Proのポートレートで撮影
12 Proの2倍光学で撮影

対策としては3倍ではなく1倍に切り替えての写真で撮るしかありません。ただそれだと距離が離れすぎていて手持ちやテーブルフォトは撮りづらいんですよね。1倍はそこまで寄れないですし。

SNSなどに手持ち写真やテーブルフォトなどをよくアップされている方にとっては若干使いにくくなっているかもしれません。

そして新たに追加されたマクロモードでの撮影。

12 Proのカメラレンズに寄ってみましたが、これかなりすごいです。

iPhone 13 Proのマクロモードでで撮影

レンズが汚くて申し訳ないですが、最短2センチまでよれてここまで鮮明に撮影できます。

ここまで寄れるってなかなかすごい。ですが、あまり使いみちがないのも正直なトコロ。

シネマティックモードでの動画撮影が楽しい

13シリーズから新たに搭載された機能が「シネマティックモード」です。

手軽にボケ感のあるシネマティックな映像を撮影することができます。

これが想像以上に良い映像で、まだまだフォーカスなど甘い部分もありますが、サクッと撮れてこのレベルであれば充分すぎます。

シネマティックモードがあれば、日常の子供の動画やちょっとしたVlogなど、わざわざ一眼レフカメラを持ち出さなくてもスマホ1台で完結させることができるので、個人的にはかなり嬉しい新機能です。

iPhone 13 Proの評判は?!

個人的には満足しているiPhone 13 Proですが、実際に購入したユーザーはどうなのか。

SNSから評判を探してみました。

Twitterから評判・口コミを探してみましたが、多くがカメラ性能が良いという口コミが多かったですね。

散々探しましたが、悪い評判は全然なく満足言っている方が多く見られた印象です。

iPhone(SE/12/13)を安くお得に購入する方法

iPhoneが欲しいけど、少しでも安くお得に購入するにはどうしたらいいの?

そんな方にiPhoneのSE・12・13シリーズはどこで買うのがお得なのかを各キャリアと格安SIMとでわかりやすくまとめてみました。

iPhone 13 Proレビューまとめ!こんな人におすすめ!

iPhone 13 Proをレビューして感じた、おすすめの人は以下の通り。

iPhone 13 Proはこんな人におすすめ
  • 一眼レフカメラで写真や動画を撮っているがもっと手軽に撮りたい人
  • 古いモデルで1日何回も充電している人
  • Lightningケーブルでいちいち充電するのが面倒な人(MagSafe)
  • スマホには写真&動画性能を重視したい人

iPhone 12 Proからの乗り換えでしたが、正直めちゃめちゃ感動するほどのアップデートはありませんでしたが、僕の使用用途としてシネマティックモードやバッテリー性能の向上は充分乗り換えるほどの価値があるアップデートでした。

ですが、カメラ性能などにそこまで重きを置いていない方は、わざわざ13 Proを買う必要はなく値下がりした12 Proでも充分すぎるほどの機能かと。

12 Proのレビューもしているので合わせて御覧ください。

他のiPhone関連記事も下から飛んで見ていってね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ戻る
トップへ
目次
閉じる