Amazonブラックフライデーおすすめ情報はコチラ!

Anker PowerCore Fusion 10000レビュー|充電器とモバイルバッテリーの機能を兼ね備えた大容量のハイブリッドモデル

Anker PowerCore Fusion 10000レビュー|充電器とモバイルバッテリーの機能を兼ね備えた大容量のハイブリッドモデル

どうも、アトムです。

充電器とモバイルバッテリーが組み合わさったコンセント一体型モバイルバッテリーはAnkerを筆頭に各社メーカーから販売されていますが、ひとつ物足りない部分も。

バッテリー容量が物足りないんだよね…

販売されているコンセント一体型モバイルバッテリーの多くは、バッテリー容量が5,000mAhと少ないものが多い中、Ankerでは10,000mAhと大容量のモデルが存在します。

それが「Anker PowerCore Fusion 10000」です。

Anker PowerCore Fusion 10000

Anker PowerCore Fusion 10000はハイブリッドタイプでありながら、10,000mAhの大容量かつUSB-Cポートが最大20W出力と最新のiPhoneにも急速充電ができます。

この記事ではAnker PowerCore Fusion 10000の実機を用いて、使用感やメリットデメリットなどをレビューしていきます。大容量のハイブリッドモデルをお探しの方は参考にしてください。(小さい容量で本体サイズがコンパクトタイプをお探しの方はこちらをタップ

Anker PowerCore Fusion 10000
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 充電器×モバイルバッテリーのハイブリッド型
  • 10,000mAhの大容量
  • 最大20W出力に対応
デメリット
  • パススルー充電は非対応
  • やや重い

購入はこちらから

目次

Anker PowerCore Fusion 10000スペックレビュー

Anker PowerCore Fusion 10000
スクロールできます
モデル名Power Core Fusion 10000
ブランドAnker
サイズ(縦×横×厚さ)8×8×3.4センチ
重量276g
タイプハイブリッド(充電器×モバイルバッテリー)
搭載ポートUSB-C×1
USB-A×1
USB-C出力5V=3A / 9V=2.22A
最大出力20W
USB-A出力5V=2.4A
最大出力12W
バッテリー容量9,700mAh
カラー展開ブラック|ホワイト
保証18ヶ月
公式サイト公式サイトで見る

価格と購入先

Anker PowerCore Fusion 10000の購入先は、「Amazon」「楽天市場」「ヤフーショッピング」などの各大手ECサイトや「Anker公式サイト」から購入ができます。

Anker製品は上記のような正規店経由であれば18ヶ月の保証付きで購入できるので万が一のときの為にも上記の店舗から購入しておくのが安心です。

外観デザインや付属品

Anker PowerCore Fusion 10000のセット内容は以下の通り。

Anker PowerCore Fusion 10000の同梱品
同梱品一覧

左からポチ袋(収納袋)、本体、充電用ケーブル。ケーブルはUSB-A to Cケーブルが付属されています。

ケーブルはUSB-A to Cケーブル

Anker PowerCore Fusion 10000の外観デザインは真四角形状で作られており、カラーはツヤのあるマッドブラック(白もある)でサラサラした手触り。

Anker PowerCore Fusion 10000
Anker PowerCore Fusion 10000の背面

写真越しではわかりにくいとは思うが、指紋や傷が付きにくそうな素材感でとても質感が良いですね。

Anker PowerCore Fusion 10000の前身モデルのAnker PowerCore Fusion 5000では、結構傷が付きやすい素材だったので比べてみると明らかです。

Anker PowerCore Fusion 10000と5000を並べてみる
左:PowerCore Fusion 5000|右:PowerCore Fusion 10000

質感の違いがはっきりわかりますね。

そしてポート側の部分はグレーになっていてマッドブラック×グレーの2トーン仕様となっています。

Anker PowerCore Fusion 10000の搭載ポート

サイズ感と重量

Anker PowerCore Fusion 10000のサイズ感を図りました。縦横約8センチの正方形サイズで、成人男性の手の上でギリ収まるぐらいです。

Anker PowerCore Fusion 10000のサイズ感

重量は276gなので、500mlサイズのペットボトルが半分ちょっと残っているぐらいの重さで、他の充電器やモバイルバッテリーを想像しながら持つとややズッシリ感があります。

Anker PowerCore Fusion 10000は276g

ただし、あくまでもAnker PowerCore Fusion 10000は充電器とモバイルバッテリーが組み合わさったハイブリッド型なので、そう考えると決して重いことはないですね。

Anker PowerCore Fusion 10000の特徴

Anker PowerCore Fusion 10000の機能性の特徴を解説していきます。

Anker PowerCore Fusion 10000の機能性

プラグは折りたたみ式で本体充電はコンセントに挿すだけ

通常コンセントプラグは折りたたまれています。

Anker PowerCore Fusion 10000はコンセント折りたたみ式

収納されていれば持ち運びのときなどに周りのガジェットなどを傷つける心配がなくなるよね

充電器としての使用や、本体自体を充電するときは簡単にコンセントプラグを取り出すことができ、コンセントに挿すだけで充電が開始されます。

Anker PowerCore Fusion 10000を充電

本体自体のバッテリー容量は9700mAhあり、充電は約3時間半〜4時間ほどで完了します。

USB-CとUSB-Aの2ポート搭載

搭載ポートはUSB-CとAの2ポートが搭載。

USB-CとUSB-Aの2ポート搭載
タイプCとAポート
  • USB-C:最大20W出力に対応
  • USB-A:最大12W出力に対応
  • 2ポート同時使用:最大15W出力に対応

USB-CにはAnker独自の技術PowerIQ3.0(Gen2)が搭載されているので、20Wまでの急速充電に対応しているのです。

Anker PowerCore Fusion 10000でiPhone充電
iPhoneを充電
Anker PowerCore Fusion 10000でSwitchを充電
Switchを充電

もちろんスマホ充電できますし、任天堂Switchなどのゲーム機だって余裕です。

2ポート同時に使っているときは2ポートで合計15Wまでの出力しか出ないので、スマホとワイヤレスイヤホンのような小さいデバイスに最適でしょう。

Anker PowerCore Fusion 10000の2ポート同時充電

インジケーターでバッテリー残量や低電流モードに

本体の電源ボタンにはインジケーターが搭載されており、電源ボタンを押すと8つに分かれて光ります。

光っているLEDに応じてバッテリー残量を確認することができて、ひとつ12.5%で計算されることになります。

バッテリー残量
  • LED1つ点灯:12.5%
  • LED2つ点灯:25%
  • LED3つ点灯:37.5%
  • LED4つ点灯:50%
  • LED5つ点灯:62.5%
  • LED6つ点灯:75%
  • LED7つ点灯:87.5%
  • LED8つ点灯:100%

このおかげでバッテリー残量がひと目で分かるようになり、更には電源ボタンを2回押すと、低電流モードに切り替わり充電容量の少ないイヤホンなどの充電の適しています。

Anker PowerCore Fusion 10000でAirPods Proを充電

Anker PowerCore Fusion 10000のメリット(よかったところ)

Anker PowerCore Fusion 10000を実際に使って感じた良かったところをシェアします。

ハイブリッド型なので持ち物を減らせる

最大の特徴はやはり「充電器×モバイルバッテリー」がひとつになったハイブリッドモデルということ。

Anker PowerCore Fusion 10000とiPhone
ひとつで2役

これまで持ち運びに充電器とモバイルバッテリーをそれぞれ持ち歩いていた身からすると、それらをひとつで済ませられるのは持ち物の数も重さも減っていいことづくし。

荷物を少しでも減らしたいと言う方はハイブリッドモデルは最適と言えます。

10,000mAhの大容量

5,000mAhなどの小さな容量が多いハイブリッドモデルですが、Anker PowerCore Fusion 10000は10,000mAh(9,700mAh)と大容量。

Anker PowerCore Fusion 10000とiPhone 13 Pro
10,000mAhの充電目安
  • スマートフォン:約2回充電可能
  • タブレット:約1回充電可能

10,000mAhあればさすがに1日持つので1台持っておけば安心です。

20W出力の急速充電に対応

iPhone 12シリーズ以降のモデルは20Wの急速充電に対応されました。

Anker PowerCore Fusion 10000も20W出力に対応しているため、最大限のパワーで充電することができます。

Anker PowerCore Fusion 10000がiPhoneに20W出力で充電中
iPhone 13 Proに20Wで充電中

急速充電ならiPhoneをわずか30分ほどで50%ほど回復するよ!

20W出力に対応しているデバイス
iPhone
iPad(無印・mini)
iPad(Air・Pro)

MacBook Air

MacBook Pro

Anker PowerCore Fusion 10000のデメリット(残念なところ)

便利な反面、「ここはちょっと残念」と感じた部分もありました。

Anker PowerCore Fusion 10000のデメリット

パススルー充電には非対応

ハイブリッドモデルの中にはパススルー充電に対応されているモノも販売されていますが、残念ながらAnker PowerCore Fusion 10000は非対応。

パススルー充電とはデバイスを充電しながら同時にバッテリー本体も充電する機能

そのためデバイスと同時に接続している場合は、デバイスの充電が完了後→本体の充電が開始 という流れで充電されるので、両端末が充電されるまでに時間はかかりますね。

夜寝る前の充電器として使っていれば次の日フル充電で使えるね!

サイズ感はやや大きめでズッシリ

PowerCore Fusionの5000シリーズを使っていた場合、10000シリーズはサイズがやや大きめに感じるでしょう。

Anker PowerCore Fusion 10000と5000
Anker PowerCore Fusion 10000と5000

ひと回りほど大きくなり重さも100g弱ほど重くなるのでズッシリ感は感じます。

ただ、バッテリー容量が単純に2倍になったことを考えると、そこまで大きく重くなった感はありません。

個人的には10,000mAhならこのサイズ感は許容範囲内で使うことができると思いますね。

他ハイブリッドモデルと比較

Anker PowerCore Fusion 10000と類似製品を比較してみました。

スクロールできます

PowerCore Fusion 10000

511 PowerBank

SMARTCOBY Pro PLUG
ブランドAnkerAnkerCIO
タイプハイブリッド型ハイブリッド型ハイブリッド型
サイズ(縦×横×厚さ)8×8×3.4センチ3×113×3センチ 7.5×7.5×2.5センチ
重さ276g174g265g
バッテリー容量9,700mAh5,000mAh10,000mAh
搭載ポート数USB-C×1
USB-A×1
USB-C×1USB-C×1
USB-A×1
USB-C出力最大20W最大20W最大30W
UCB-A出力最大12W最大12W出力
購入する購入する購入する
各製品の比較

Anker PowerCore Fusion 10000は上記3製品の中でちょうど真ん中のスペック。

バッテリー残量やサイズ感、最大出力値などは充電するデバイスなど用途別に選ぶのが良いでしょう。

コンセント一体型モバイルバッテリーの選び方やおすすめモデルが知りたい方は下記記事をご覧ください。

Anker PowerCore Fusion 10000はこんな人におすすめ

実際にAnker PowerCore Fusion 10000をレビューしてみておすすめな人とそうでない人をまとめてみました。

おすすめな人おすすめでない人
大容量のハイブリッドモデルが欲しい
スマホを急速充電したい
2ポートで同時充電したい
荷物を極力減らしたい
とにかくコンパクトサイズが欲しい
PCも充電したい

Anker PowerCore Fusion 10000不満な人はこちらがおすすめ

以下の理由などでAnker PowerCore Fusion 10000だと不満な方は代替品をおすすめします。

とにかく小さなハイブリッドモデルが良い人は「Anker 511 PowerBank」が小さくて20W出力に対応しているのでおすすめです。

Anker PowerCore Fusion 10000と511 PowerBank
左:PowerCore Fusion|右:511PowerBank

Anker PowerCore Fusion 10000と合わせて買いたいアクセサリー

Anker PowerCore Fusion 10000と合わせて購入するともっと便利なアクセサリーも紹介します。

急速充電に対応しているiPhone充電ケーブル

急速充電に対応しているAndroid充電ケーブル(タイプC)

収納におすすめのガジェットポーチ

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

Anker PowerCore Fusion 10000のレビューまとめ

Anker PowerCore Fusion 10000は「充電器」と「モバイルバッテリー」の機能を兼ね備えた大容量のハイブリッドモデルです。

Anker PowerCore Fusion 10000レビュー

これまで持ち歩いていた充電器とモバイルバッテリーをひとつにまとめて荷物をスッキリさせたい。

iPhoneを急速充電で運用したいという方に最適なデバイスとなっています。「スマホ2台持ち」「スマホとワイヤレスイヤホン」などのの組み合わせで持ち歩いている人もぜひ。

Anker PowerCore Fusion 10000レビュー|充電器とモバイルバッテリーの機能を兼ね備えた大容量のハイブリッドモデル

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次